コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ドイツ人の画家が東京タワーに不思議なアート(産経新聞)

 ドイツ人画家のエドガー・ミューラーさん(41)がこのほど、東京・芝公園の東京タワーの駐車場に「スペースオブゼログラヴィティ」と題した3Dアートを制作。上下の感覚があやうくなるような不思議な空間が、訪れた人を楽しませている。

 20×10メートルという大きな絵画は、特定の一点(ビューポイント)からだけ、立体に見える。実際にはゆがんだかたちで描かれていて、支持体(路面)の角度と、見えてくる映像のズレが立体感を生む仕掛けだ。

 ミューラーさんは、16歳のときからストリートペインティングに取り組み、世界各国で作品を制作している。今回は、日本コカ・コーラのPRイベントで初来日。「天文ファンなので、いつか宇宙空間を描きたかった。これがはじめての挑戦」だとか。

 もともと上下左右のない宇宙だけに「3D化」は難しかったようで、地球とボトルがなかったら無重力感はでなかったそうだ。消されるのも路上アートの宿命だが、「イリュージョンを施すこと、空間を変えること。私にとってはそのプロセスが大事」。この絵も展示は31日まで。たった3日間の公開で消し去られる。入場無料。

【関連記事】
アート・ディレクター、水谷孝次さんが「デザインが奇跡を起こす」を出版
大阪府立高の廊下に巨大壁画 多感な生徒らの癒やしに 大冠高校
手軽にスプレーアート 香川高専の学生ら開発
「美」を与えてくれた日本に感謝 フラワーアーティスト、オスト氏
「美術展」工場に鎮座した12mの木彫に驚嘆

外国人参政権 首都圏の知事、相次ぎ「反対」(産経新聞)
首相の株売却資料提出、参院予算委理事会任せに(産経新聞)
大久保容疑者の公判期日、すべて取り消し 捜査継続で3者合意(産経新聞)
「政治とカネ」2月集中審議へ…与野党合意(読売新聞)
失業率改善に「楽観できず」=10年度予算案の早期成立を-首相(時事通信)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

すぐには国民は納得しない=小沢氏の聴取で-前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は24日、民主党の小沢一郎幹事長が資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で東京地検から事情聴取を受けたことについて、聴取の様子や内容が明らかになっておらず「すぐに国民が納得することにはならない」と述べた。八ツ場ダム中止問題での地元住民との意見交換のため訪れた群馬県長野原町で記者団の質問に答えた。
 同相は、国民の理解を得るためには同幹事長が「(今後も)事情聴取に応じ、説明責任を果たしていただくしかない」との認識を示した。また、同幹事長の進退に関しては「現時点でやましいことはしていないとおっしゃっている以上、辞めてくださいと言う理由はない」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

小沢氏「職務全うしたい」辞任の意向無し(読売新聞)
「1億円を4パック」石川容疑者、不自然な供述(産経新聞)
<中津川5人殺害>2審も原被告に無期判決 名古屋高裁(毎日新聞)
社民ようやく新体制、福島氏に反発で火種残る(読売新聞)
<脳死臓器移植>国内86例目終了(毎日新聞)
コンテントヘッダー

青森県で震度4(時事通信)

 24日午後4時19分ごろ、青森県などで地震があり、同県東通村で震度4の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は青森県東方沖で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.5と推定される。主な各地の震度は次の通り。
 震度4=青森県東通村
 震度2=北海道函館市、青森県八戸市、岩手県二戸市。 

【関連ニュース】
静岡県伊東市で震度4
北海道・根室で震度3
沖縄で震度3
北海道で震度3
岐阜と静岡で震度3

千葉女子大生殺人 男を窃盗容疑で再逮捕へ(産経新聞)
追跡中のパトカーと車が衝突(産経新聞)
自民党大会 「再生の道筋」示せず 定年制は先送り(毎日新聞)
普天間現行案、首相に撤回要求へ=「市民の意思伝えたい」-次期名護市長(時事通信)
<本屋大賞>候補に「1Q84」や「横道世之介」(毎日新聞)
コンテントヘッダー

<DV>「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望(毎日新聞)

 DV(ドメスティックバイオレンス=配偶者間暴力)の被害者が22日、東京の衆院議員会館で、国会議員らに01年10月施行のDV防止法を改正するよう訴えた。福島瑞穂男女共同参画担当相や千葉景子法相も国会の合間に出席予定。この問題で担当閣僚が被害者から直接意見を聴くのは異例という。DV防止法には裁判所が加害者に出す接近禁止などの保護命令規定が盛り込まれたが、命令期間終了後に加害者が家に何度も押しかけるケースが相次いでおり、被害者は保護命令の拡充などを求めた。

 DV被害で離婚後、長男諒(りょう)君(当時15歳)を元夫(45)に刺殺された川本弥生さん(47)がこの日午前、支援者らとともに超党派の国会議員の会合に出席。DV防止法に明記されていた3年ごとの法律見直しの規定が2度目の改正(08年1月施行)でなくなり、「現行法では被害者を守る手だてはまだ不十分」などと訴えた。

 DV防止法には交際中の相手からの「デートDV」が法の規制対象外となっているなどの問題点もあり、来年初めの法改正を目指し、内閣府や法務省などに働きかけていくという。【酒井雅浩】

【関連ニュース】
再生のとき:/5 DV元夫に長男殺された母娘 生きた証し残す
こげなことしとります:福岡グループインフォ 福岡犯罪被害者支援センター /福岡
阿波ひと物語:ニュースレター創刊 編集した河野南代子さん /徳島
県警:今年初の署長会議 最重点に暴力団対策 /福岡
連続講座:DV被害者の支援者養成 心的ストレスの対処法など解説--福井 /福井

社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
<参院代表質問>戦って発言、検察への影響ない 鳩山首相(毎日新聞)
谷垣氏が首相追及へ=衆院予算委で本格論戦スタート(時事通信)
「おっぱいどうですか」警察官に客引き容疑で男逮捕(産経新聞)
首相動静(1月24日)(時事通信)
コンテントヘッダー

遣唐使船 再現し上海万博へ…角川文化振興財団が計画(毎日新聞)

 角川文化振興財団は22日、7~9世紀に中国大陸との間を往復し、最先端の技術や文化を日本に持ち帰った遣唐使船を再現するプロジェクトを発表した。4月24、25の両日、「平城遷都1300年祭」の一環として奈良市内で船をめぐるシンポジウムを開催した後、再現船は5月15日に大阪港を出港。実際に航行したとされる瀬戸内海を経て、6月中旬に中国の上海万博会場に着く予定。

 船は中国で建造中で、3月末に完成する。日本側のゼネラルプロデューサーを務める角川歴彦・同財団理事長は「遣唐使船は世界史で他に例を見ない、戦争によらず行われた文化交流。空海をはじめ当時の人たちは危険を顧みず、知識をひたすら求めた。いま再現することが日中関係にとって大切だと思う」と語った。

【関連ニュース】
上海万博:「日本館」で最先端技術を展示 世界初公開含め
上海万博:子パンダ10頭公開、“人寄せ”に期待
雑記帳:道頓堀「大たこ看板」上海万博へ
上海万博:日本館が完成 最先端のエコ技術、各所に
上海万博:「排出ゼロ」未来都市展示…環境の日本売り込め

寺に来客、住職が出たら男が刃物 運営費70万円強奪 東京・高輪(産経新聞)
九州・3県で 5市長選告示 宮崎市など(西日本新聞)
「金出せ」ポケットの60円渡したら逃走(読売新聞)
小池広報本部長、自民党の新ポスターを自ら監修(スポーツ報知)
石川知裕容疑者「恥ずかしいことしていない」(産経新聞)
コンテントヘッダー

振り込め被害、前年の3分の1に…警察庁(読売新聞)

 昨年1年間に全国の警察に届けられた振り込め詐欺による被害額は前年比180億1500万円(65・3%)減の95億7900万円で、統計を取り始めた2004年以降、初めて年間被害額が100億円を下回ったことが警察庁のまとめでわかった。

 1年間で3分の1まで減少し、同庁は「取り締まりと官民一体の対策の成果」としている。

 認知件数は7340件で、前年比で64・2%減。検挙件数は5669件で、検挙率は前年の21・5%から77・2%に大幅に上昇した。

 手口別では、息子などをかたるオレオレ詐欺が52億200万円で、前年の155億1900万円から66・5%減少。「税金の還付」などとだまして現金自動預け払い機(ATM)を操作させる「還付金詐欺」は2億4000万円で、前年の47億4400万円から94・9%も減った。

 被害額は鹿児島を除く46都道府県で減少したが、都市部では依然として大きく、首都圏の4都県で全国の被害額の47・8%を占めた。同庁は「今後は首都圏を中心に集中的な対策に切り替えたい」としている。

各地で犠牲者追悼、ネット中継も=阪神大震災、17日で15年(時事通信)
党首討論開催、与党判断に委ねる…官房長官(読売新聞)
女性引きずり死なす 大阪狭山の飲酒事故(産経新聞)
官房長官、検察リーク「あるような気が…」(産経新聞)
土地購入事件 閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)
コンテントヘッダー

<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)

 大手ハンバーガーチェーン「日本マクドナルド」(本社・東京都新宿区)の社員だった男性(当時25歳)が勤務中に倒れ急性心機能不全で死亡したのは過労が原因として、横浜市に住む母親が、労災と認めなかった川崎南労働基準監督署の処分取り消しを求めた訴訟で東京地裁は18日、労災と認定する判決を言い渡した。渡辺弘裁判長は「相当長時間の自宅でのパソコン作業も含め、業務と発症に因果関係がある」と述べた。判決によると、男性は川崎市内の店舗に勤務していた00年11月7日、正午からの通常勤務後、翌朝5時半まで清掃会社の作業に立ち会い、8日正午に再び出勤して倒れ間もなく死亡した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
グルメ杵屋:店長過労死認め賠償命令…大阪地裁
石綿防護マスク:42都道府県、備蓄ゼロ 完備5県のみ
記者の目:労組は社会連帯の要たれ=東海林智
高次脳機能障害:患者の1割、画像所見得られず 医師調査
マクドナルド:まさにアメリカン!ビッグアメリカ4商品、店舗限定で先行販売 8日から

統一地方選の候補者、橋下知事が公募の意向(読売新聞)
大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁(産経新聞)
【中医協】「5分要件」廃止後、“お薬外来”を不算定に―安達委員が提案(医療介護CBニュース)
国土面積増加幅、平成で最小=1年で東京ドーム63個分-地理院(時事通信)
センター試験、大雪で北大など1時間繰り下げ(読売新聞)
コンテントヘッダー

小沢幹事長 「捜査に協力し国民理解得たい」(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、福井市内で記者会見し、政治資金規正法違反容疑で元秘書の石川知裕衆院議員らが逮捕された事件に触れ、「できる限り、公正な捜査に協力しながら、早い機会に国民が理解できる結論を得て参院選へ臨みたい」と述べた。今夏の参院選の勝利に向け全力を挙げる姿勢を強調した。また「これだけメディアの情報量も多く、批判をいただけば、参院選に影響が出てくることはあると思う」との見方も示した。【念佛明奈】

【関連ニュース】
鳩山首相:検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認
小沢幹事長:厳戒態勢のなか長崎で集会に出席
虚偽記載:「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮
虚偽記載:「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述
小沢幹事長続投:「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生

小沢氏、記者団に「何も職を辞する必要もない」(産経新聞)
「指示に従わず」と部下暴行=特別救助隊員を停職-東京消防庁(時事通信)
ネカフェ難民がネットで詐欺(スポーツ報知)
石川議員を逮捕=小沢氏団体の報告書不記載-政治資金規正法違反・東京地検(時事通信)
【いま、語る関西人国記】関西マルチメディアサービス社長 原格さん(60)(産経新聞)
コンテントヘッダー

<ワカサギ釣り>家族連れらでにぎわう 北海道しのつ湖(毎日新聞)

 北海道新篠津村のしのつ湖が、ワカサギ釣りを楽しむ家族連れらでにぎわっている。例年は12月末の解禁だが今年は氷が薄く年明けにずれこんだ。

 20~30センチの氷が張る真っ白な雪原に様変わりした湖には、ワカサギ釣り専用のビニールハウスやテントが並び、その中で釣り客たちが談笑しながら釣り糸を垂らしている。家族5人で初めてワカサギ釣りに挑戦したという石狩市の中学1年、伊藤創成さん(13)は「簡単だと思ったけど難しい」と話した。

 期間は3月上旬まで。営業時間は午前7時~午後4時。入場料は高校生以上500円、中学生以下無料。テントや釣りざおの貸し出しもある。問い合わせは同村役場(0126・57・2111)。【小出洋平】

【関連ニュース】
ワカサギ釣り:有料開放始まる 北海道・蓴菜沼
ワカサギ穴釣り:小海・松原湖で解禁 /長野
ワカサギ釣り:余呉湖でアタリ上々 /滋賀
おさかな市:“池の幸”格安 人気はワカサギ--鳥取・湖山池 /鳥取
七飯町:ワカサギ釣り始まる

パチンコ攻略「梁山泊」脱税4億超、創設者ら逮捕(読売新聞)
声優郷里大輔さん自殺か=「キン肉マン」ロビンマスク役-東京(時事通信)
<コンビニ強盗>前橋周辺で男2人組 年末から4件目(毎日新聞)
プログラム不具合が原因=羽田空港の管制システム障害(時事通信)
11月機械受注、11.3%減=2カ月連続で縮小(時事通信)
コンテントヘッダー

「人のいる空間守れ」ローコスト耐震化実証 京大防災研(産経新聞)

 阪神大震災の発生から丸15年となる17日が近づき、住宅の耐震化が注目される中、社団法人「大阪府木材連合会」(大阪市西区)と京都大学防災研究所が共同開発した、台所や寝室など滞在時間の長い部屋の壁をピンポイントで補強する耐震工法の実証試験が15日、同研究所(京都府宇治市)で行われた。

 実験は平成20年に続き2回目。前回は、補強した部屋が震度7に耐えることが証明されたが、壁に変形がみられた。今回はさらに補強を強化し、震度7でも変形はなかった。同工法は、住居の耐震化が進まない要因であるコストと工期を抑えるため、20年から開発を開始。補強が必要な部屋の壁だけを撤去し、代わりにスギの間伐材をボルトで固めた一辺約10センチ柱を内蔵した壁を設置して耐震性を強化する。すでに一般住宅の実用化も始まっている。

 同連合会によると、阪神大震災で犠牲者の多くが建物倒壊で亡くなったにもかかわらず、現在も費用などの問題で一般住宅の耐震化の普及は遅れている。家屋全体の耐震工事は、天井や床などを取り外す大がかりなものになりがちで費用は数百万円に上ることもあるが、必要な部屋だけを補強する工法では数十万円、工期も数日間で済むという。 開発に携わった同研究所の川瀬博教授は「実験で家が損壊しても、人のいる空間が守れることがわかった」と話した。

<無料低額宿泊所>実質運営者ら脱税容疑 5億円の所得隠す(毎日新聞)
石原知事、外国人参政権「危ない試み。発想おかしい」(産経新聞)
<土地購入事件>鳩山内閣の閣僚から苦しい発言続く(毎日新聞)
復興へ体制見直し 独り身高齢者に温か、街のアイドル「駐在さん」(産経新聞)
石川議員の地元事務所も捜索 北海道・帯広(産経新聞)
コンテントヘッダー

ハイチで地震、建物倒壊か…日本に津波の影響なし(読売新聞)

 【リオデジャネイロ支局】米地質調査所によると、カリブ海の島国ハイチで、12日午後4時53分(日本時間13日午前6時53分)ごろ、マグニチュード(M)7・0の強い地震があった。複数の建物が倒壊したとの情報があるが、死傷者などの詳細は不明。

          ◇

 この地震について、日本の気象庁はM7・3と推定している。また、日本への津波の影響はないという。

<温暖化対策>気象キャスター18人が呼び掛け(毎日新聞)
<訃報>武田五郎さん87歳=元横浜大洋球団社長(毎日新聞)
免許条件の眼鏡掛けず乗務=東海道新幹線の運転士(時事通信)
「信じて、支えていく」石川議員の後援会長(読売新聞)
<出会い系>サクラで詐欺 サイト業者ら11人逮捕(毎日新聞)
プロフィール

ミスターこうきちとくえ

Author:ミスターこうきちとくえ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。